相続税、対策次第で大きな差!

2017_0901-e1507683624796
9月12日、ベテラン税理士である西山税理士が「無料セミナー」を開催します。

相続税対策の必要性を感じながらも、先延ばしにしてしまっている人も多いのでは?
しかし、対策をするかしないかで、納める税金が大きく変わってくるのだ。

特に、相続税を減額するのに最も効果が大きいのが、小規模宅地の減額の特例。
ただ、特例には厳しい要件があり、それに該当しなければ減額をすることができないという。
よって、これから住宅の建築やリフォームを検討している人、相続問題を抱えている人は、そうした内容をしっかり把握しておくことが重要となる。

そこで、全国各地でセミナーを主催し本誌でも連載中の税理士・西山裕志氏(西山裕志税理士事務所)が、「夏の相続対策セミナー」を無料開催する。
「相続対策のためになるポイントを解りやすくお話します」と西山税理士。

また、Q&A形式で贈与に関して役立つ事例なども紹介する。
事前申込制、定員になり次第締切なのでお早めに。

講師の西山氏ら専門家のアドバイスを凝縮した書籍『相続税・消費税増税!勉強しないと資産はなくなります』を、セミナー参加者全員にプレゼント。この機会をお見逃しなく!